低温やけどに注意


ご使用前に、商品に記載されている注意書きを必ずお読みください。


低温やけどって?

触っていてあたたかく心地よいと感じる60℃くらいの温度でも、1分間圧迫を続けるとやけどをします。これが「低温やけど」というもので、50℃でも3分間圧迫を続けると低温やけどになるといわれています。また42℃でも6時間接触していると細胞が変化するという実験報告もあります。

 

低温やけどは皮膚の表面はわずかなやけどに見えても、内部が壊死してしまう(※)こともあります。そうなると軟膏による治療では、数ヶ月かかることとなり、場合によっては手術が必要となるなど、治療が大変になります。

 

※壊死:身体の組織や細胞が局部的に死ぬこと

 

カイロによる低温やけどを防ぐには
  1. カイロを直接肌にあてない。
  2. カイロのあたっている場所を圧迫しない。
  3. 一ヵ所に長時間カイロを当てない。
  4. 熱いと感じたときはすぐにカイロをはずす。
  5. 就寝時には使用しない。
  6. 使用部位、目的が特定されているものはそれを守る。

 

皮膚に加わった熱は通常血流で運ばれるので、カイロをあてた場所をガードルやサポーターなどで圧迫してしまうと血流がおさえられ、皮膚の温度が上がってヤケドを引き起こしやすくなります。特に就寝時のご使用、お子様・高齢者・血行障害のある方、身体の不自由な方など熱いと思ってもすぐに対処できないようなご使用はおやめください。 

 

※低温やけどは身体の動きの不自由な人や病気やけをした人たちによく起きるといわれているので、こういった人たちには周りの人が特に注意を払ってください。

 

もし低温やけどをしてしまったら?

低温やけどは水で冷やしても効果はありません。

見た目より重傷の場合があるので、早めに専門医の診療を受けてください。