トップページ
カイロの日
今回の結果
カイロ工業会会員
カイロについて
カイロのナマエ
新日本様式100選
国際郵便情報
カイロ使用上の注意
加熱式湯たんぽ自主基準
低温やけどに注意
くつ用カイロについて
よくある質問
お問い合わせ
 
Copyright 2003
by "日本カイロ工業会"
All Rights Reserved.
 
 
 
 
平成21年度 カイロの日(12月1日)記念公募 結果発表

日本カイロ工業会では、2009年度の「カイロの日」公募企画として、「カイロを贈りたい人、貼ってあげたい人は?モノは?」ご意見募集を行いました。全国から11,597通の応募が寄せられ、カイロ工業会加盟社および事務局で厳正なる審査を実施した結果、【カイロ大賞3点】【ミニカイロ賞10点】が決定いたしましたのでご案内申し上げます。
この「カイロの日」公募企画では、12月1日の「カイロの日」を記念して、毎年カイロに関わる様々なテーマで実施しており、今年で14回目を迎えます。毎回、全国各地、そして小学生からご高齢の方まで幅広い年代の方々からご応募いただいております。
今回のテーマ「カイロを贈りたい人、貼ってあげたい人は?モノは?」ご意見募集に、この一年を振り返って、「カイロを贈って温めてあげたいと思う人や貼ってあげたいモノの名前とカイロを贈りたい(温めてあげたい)理由を書いてご応募いただきました。
母親や父親にという、感謝の気持ちを表した暖かいご意見や、昨年の総選挙で大敗をした自民党に貼ってあげたいというご意見、自分の寒い財布を暖めたい、といった今の時代を象徴するような切実なご意見など多数いただきました。また、有名人では、元楽天監督の野村克也さんや、小島よしおさんに贈りたいという意見が多数見られました。
昨年度のカイロの販売実績は14億5,568万枚(2008年5月〜2009年4月)。ほとんどの日本の家庭にカイロは常備されています。今後も皆様にカイロのある快適な生活を送っていただけるよう努めてまいります。なお、カイロ大賞3名様には賞金5万円とカイロ1箱(60個入り)が、ミニカイロ賞10名様には、賞金1万円とカイロ1箱(60個入り)が贈られます。別紙に入賞作をご紹介いたしますのでご一覧いただければ幸いです。また、カイロ工業会ホームページでも入賞作をご紹介しています。
 
   
img
10pix
■ 子どもが大きくなった後の夫婦 ■
大分県 H.Y.さん(39歳 女性)
 

 子どもができるまであんなに会話のあった夫婦なのに、子どもが成長すると不思議と会話がなくなりますよね。私達も例外ではありません。もう一度お互いのことを見つめ直す意味でも、カイロと共に思いやりの心を添えたいなと思います。

 
■ 世界各国の首脳の頭 ■
大阪府 K.M.さん(41歳 男性)
   温室効果ガス削減に向けたCOP会議においても、各国首脳は自分のエゴを主張し、結局大した進展は見られませんでした。彼らにカイロを贈り、その頑なな頭をほぐすことにより、みんなが打ち解けあい、一緒になって地球環境に向けた話し合いをしてほしいものです。  
■ 僕の家のコタツ ■
北海道 Y.M.さん(13歳 男性)
   僕の家のコタツは電気代がもったいないので、真冬になってもコンセントを挿さないのでコタツの中が体温で暖まるまで寒いです。そこでカイロを中に張って暖かくしたいです。  
10pix

10pix
img
10pix
■ 超氷河期の就職戦線 ■
鳥取県 M.S.さん(39歳 女性)
   ずっと景気が悪いですが、今年はまた格別な気がします。知り合いのお子さんたちも、それなりの大学を出ても就職口がない、と口々にいっています。若い人が就職口がなくては日本は元気になれません。ぜひ、この冷え切った就職戦線を温めて、日本の未来も温かい、明るい物にして欲しいです。  
■ 日本という国 ■
沖縄県 K.A.さん(33歳 男性)
   経済も不景気のなか、犯罪が増え治安が悪化、国の借金は日に日に増え体のアチラこちらが、傷だらけでズタズタで、これから寒くなる前にカイロを贈って、体を温めて体力を回復してから、様々な難題に立ち向かって欲しいです。  
■ 大都市圏の冷え切ったご近所付き合いに ■
千葉県 Y.O.さん(26歳 男性)
   ネット社会の発展によるコミュニケーション能力の低下・核家族化などによりご近所関係が希薄になっている昨今。ご老人の孤独死も取り沙汰されるほどに。アパート暮らしをしていても、挨拶なしに通り過ぎる住人もしばしば。コミュニティ性のなくなった、そんな寂しいご近所関係に暖かなカイロを。  
■ 全ての人の心 ■
岩手県 H.Y.さん(30歳 女性)
   殺人事件や暴行事件、薬関係と人の心がどんどん荒み、自分が助かる、救われるために行動する人が増え、人の痛みに鈍感になってきた世の中に感じます。自分自身も人様に迷惑をかけないように心がけつつも、自分達家族が助かるために常に考えている節もあるので、全ての人の心をカイロで温め、おもいやりの心を持てる世の中になればいいなぁとおもいます。  
■ ドイツの動物園にいるメガネグマ ■
神奈川県 H.K.さん(31歳 女性)
   原因不明の病気で毛が抜けてしまい、とても寒そうなので。カイロで少しでも暖をとってもらいたい。  
■ 東京タワー 
千葉県 M.M.さん(35歳 男性)
   スカイツリーとして、新しく墨田区に建設される予定ですが、東京タワーには、まだまだ役目もあるようですし、実際に登ると、そのレトロな展望室には味わいがあります。今後、携帯の電波などまだまだ供給する予定があるようですが、とりあえず、今まで長い間お疲れ様でしたと思います。  
■ すべての風邪ひきさんに ■
神奈川県 M.H.さん(53歳 男性)
   風邪のひき始めかな?ぞくぞくっとしたら、すぐに首の付け根から、5〜6センチ下から、背中の肩甲骨の間に縦長に貼ってください。東洋医学で、風邪の入り口とされる背中のツボ「風門」を温めると、風邪が逃げ出して行きます。予防のために暖めておくとなおいいですね。  
■ 通帳へ貼りたい ■
秋田県 Y.K.さん(61歳 男性)
   年金手帳を手にすると凍るように冷たい、今年から年金生活、間にカイロを挟み暖めてやる  
■ にのみやきんじろうさんの銅像 ■
石川県 H.M.さん(56歳 女性)
   背中にたきぎを背負っているが、足は、はだしでワラぞうり姿はあまりにも北陸の空の下では、見るからに寒々しく見えるので・・・  
■ 天皇、皇后両陛下 ■
岩手県  (62歳)
   即位20年記念式典では寒い中でもコートも着用せず、終始笑顔で観衆に応じておられた。